--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)
2016年08月21日(日)20:56
フォレストスタジオのモットーは、「新潟の家を暖かく変える!です。


 新潟の築20年以上の住宅は、朝起きたときにとても寒く、浴室・脱衣室・トイレ・寝室は常に気温が低い状態だと思います。

 「そんなの慣れてるし、寒かったら厚着すればいいよ。」と言う人も多いでしょう。でも、そう感じるのは50歳未満の人ではないでしょうか?

 私もまだ40代後半でへっちゃらと思っていますが、冬の寒い浴室に入ると、キュッと体全体が縮こまるのを実感するようになりました。

寒い浴室 


 実は「家」はとても危ない場所なんです。
 平成18年のデータですが、1年間で12,152人が家の中でなくなっています。対して交通事故の死者は6,352人です。平成21年には交通事故の死者数は4,914人と更に減っているのです。(厚労省、警視庁統計資料)
 平成26年には家の中でも入浴中に心臓に負担がかかり風呂場で溺れて死亡した人は、全国で4,866人にもなっていて、10年前の1.7倍に増えています。そのほとんどが55歳以上です。

 これは、寒い脱衣室から熱い風呂に入った時に、急激な温度差が血圧が激しく上下して心臓に負担がかかったり、脳出血を起こしてしまいます。
 または、血圧上昇しているのに、熱い風呂で血管が拡張し血圧が急低下して溺れてしまう。
 寒いトイレでいきんでも、血圧が急上昇します。

 これが「ヒートショック」です。

ヒートショック 


 ヒートショックは、脱衣室と浴室、居間とトイレなどの大きな温度差が発生しやすい時期の12月~3月の冬場が特に多くなっています。

月別死亡 

 
 じゃあ、一番寒い北海道でヒートショックが多いのか??

 いいえ、違います。
 北海道は寒さに備えて住宅の断熱性能を上げているから、少ないのです。北海道に比べると寒さが厳しくない香川県、兵庫県、滋賀県など比較的温暖と思われる県がワースト3です。

ヒートショック県別 

 「そんなに寒くないから大丈夫」という油断がヒートショックを招いているんです。

  家の中だからと安心しているから、余計に家の中が危険!という矛盾です。

  
  平均寿命は男女とも伸びましたが、健康寿命(日常生活の制限なく過ごせる状態)はどうかというと、
 男性は平均寿命の▲9.13年、女性は▲12.68年だそうです。
健康寿命_ページ_1 
 
 これでは天寿を全うしているとは言いがたいと思いませんか?できれば、最後まで健やかでいたいと思います。
 

 徒然草で吉田兼好は、「住まいは夏をむねとすべし」と言いましたが、現代は「冬をむねとすべし」なのです。それだけ、家の中では冬のリスクが大きいのです。

 ヒートショックで心臓に負担をかけてはいけません。ましてや脳疾患を起こして寝たきりになったり、亡くなってはいけません。家の中がとても危険というのはNGです。



 この事実を自分の周りから改善したいと強く想い、私は2011年に断熱改修の「ココ暖」リフォームに力を入れ始め、現在も精力的に推進しています。
 主たる生活空間であるLDK、浴室、脱衣室、トイレを断熱改修して、冬でも寒さや大きな温度差を気にすることなく快適にリフォームするのです。

 家全体を断熱改修するフルリノベーションの方がいいのではないか?と思う人も当然います。

 私もフルリノベーションが一番良いと考えています。フルリノベーションすれば、家の中での温度差がある場所がほとんどなくなるからです。


 じゃあ、なぜ部分的に断熱改修する「ココ暖」なのか?


 フルリノベーションすると、同等の新築住宅の2/3程度の予算が必要です。つまり、2000万円の家なら、約1300万円~1400万円かかります。
 そんなにお金出せないよ、でもその半分くらいならなんとかなるかも、という人も実際多いです。

  田舎は住宅の規模が大きいけど、住んでいる家族構成が変わって使ってない部屋が多いじゃないですか。そこまで断熱改修する必要はないと思っています。

 可能な予算内をおさめ、「ココ暖」で快適にリフォームした住まいで、健康で生き生きと過ごしてほしいというのが、私の願いです。

 ファンヒーターやコタツのなどの暖房器具のそばだけの活動範囲を部屋全体に広げることによって、冬の住まいでも活発に動けて健康を維持して、家族の和やかな団欒を続けてほしいと願いながら、今後も全力で「ココ暖」リフォームを推進していきます

336-280.jpg 

ココ暖リフォーム事例
ココ暖事例



 


 
  
スポンサーサイト
2012年03月14日(水)07:00
 経営理念をスタッフに何度も伝え、実践をしているつもりであった社長の私が、ハッと気付かされ、反省した出来事が2つあります。

 まずは、当社のスタッフがツイートし、伝えようとした言葉です。これは、私に向けてだけでなくこれをツイートしたスタッフ自身に向けての言葉でもあるそうです。公表することで己の至らなさを暴露するだけなのですが、私自身への戒めとして、あえて公開します。

 「疲れたとかの不平不満ではなく、このままではお客様に迷惑が掛かってしまうことを皆が危惧し、限界まで頑張っているが、何故か経営トップに何度、進言しても伝わらない。本業を疎かにして失敗してる会社は沢山ある。会社の屋台骨、幹の部分を後回しにして、枝葉ばかり気にしてたら大木も倒れてしまう。」

 「わかっている!考えている!と言われちゃうと、その先の言葉はない。それは自分を守る壁でもあり、他者を拒絶する馬鹿の壁でもある。要領がよい分、解決すべき順番を簡単なものからやってくようだが逆。大事なことから決めて行かないと。決断だけしてくれたら、周りは動けますよ。もっと頼ってみて。」




 また、毎朝礼で3分間スピーチの題材として、大手建材問屋さんの販売店ゼミのテキストとして使用されている「強い販売店の9つのツボ」を取り上げています。そのうちの一つを各スタッフが持ち回りで選び、意見を発表しています。

R0013181.jpg

 

 昨日の朝礼で、配送のスタッフが3分間スピーチの中で思い切って発言してくれた言葉です。

 「『現場を知る=9つのツボを知る』事  現場を経験しなければ指導できない  社員を評価していると思うな!  社員からも評価されている」

 社長がある現場での挨拶が疎かになっていて、お客様である工務店さんの印象が良くなかったとの趣旨でした。


 
 私は、恥ずかしいやら、自分に腹立たしいやらで、その場から逃げ出したい気に一瞬なりました。


 しかし、トップに対しても誰に対しても、いいことはいい、悪いことは悪いと言える風土を望んでいたのは他でもない私ですので、率直に発言していただいたスタッフには感謝しています。ありがとうございます。

 このように皆が一緒になって人間的に成長していきたい、そうすることによって地域で必要とされる人材の揃った会社になることができるんだと確信しています。


新潟県三条市で自然素材のエコリフォームならフォレストスタジオへ



 

 


 
2012年03月02日(金)19:11
 先日はスタッフの木津さんの誕生日でした。

 今までは、スタッフが誕生日を迎えても、特に何をするわけではありませんでした。

 ここ一年間くらいで、いろいろな素晴らしい人、成功している人に出会い、影響をいただくうちに、共に理念を追求するスタッフさんは、私たちにとってかけがえのない貴重な存在であり、もっといろいろな思いや感謝の言葉を伝えなければいけないと感じ始め、「良い」と思ったことはやってみたいと実行しました。


 美術館などを訪れては買いためているのですが、その中からTPOHにあった葉書にメッセージを添えて渡しています。
 TPOHとありますが、最後の"H"はHUMANということで、「時」、「場所」、「機会」、「人」に合わせることです。

 木津さんは、社内でもいつも明るく振舞ってくれ、スタッフに細かく気配りや配慮をさりげなくしてくれる方です。
 そこで選んだのは、「あいだみつを」の葉書

 IMG_0737.jpg


 裏には、スタッフの寄せ書きを書いてもらいました。

 IMG_0738.jpg


 
 私が渡すときに、少し照れてしまい、しっかり気持ちを言葉で伝えることができなかったのを、少し後悔しています。


 
 今私は、気持ちは言葉にして伝えなければ決して伝わらないと思い、少しずつですが、社内にもそんな風土を作っていきたいと思っています。




新潟県三条市で自然素材のエコリフォームならフォレストスタジオへ
 
2011年12月23日(金)07:00
 昨日、スタッフに冬の賞与をお渡ししました。

 まだまだ取り巻く業況は厳しく、賞与を出していない会社さんもあるようですし、スタッフ皆が満足するほどの額を出せたわけではありません。


 しかし、ここ半年以上のスタッフの頑張りや、難題をコミュニケーションを取りながら乗り越えようとする姿勢、明るく挨拶や声掛けを意識して行うようになったことを、目の当りにすると、やはり何か形として、報いてあげたいと思います。

 
 今回から、いろいろご相談に乗っていただいている水道橋の会社さんの社長さんが実践されている、メッセージを添えて、賞与を手渡しました。

 IMG_0386.jpg

 
 
 長い文を書くことはなかったのですが、スタッフ一人ひとりのこれまでの取り組みや姿勢に対しての感謝と今後への期待を簡潔に書きました。

 スタッフ一人一人の個性や努力を、私なりの視点で評価し、認めたいと思います。


 賞与の支給という節目だからこそ、きちんと伝えたいなと思います。


 
新潟県三条市で自然素材のエコリフォームならフォレストスタジオへ
 
2011年12月14日(水)07:00
 今年の漢字が発表されました。

 「絆」です。

 
 私は、当社の朝礼で

 理念として、「地域社会に貢献して多くの「ありがとう」をいただける会社になろう」と掲げており、そのためには、まず地域社会で必要とされる人、会社にならなければならないし、そうなるように日々成長しましょう

 度々伝えています。


 経営理念


 そのためには、まずは当社が存在しているコミュニティで、ご縁をいただき絆を繋げていかなければなりません。

 
 「確実な未来」は、人口が平成16年の 127,838千人をピークに年々減少しており、2100年の中位推計ではなんと半分の64,137千人になるという予想まで出ています。



 また、少子高齢化も着実に進み、現役世代の2~3人の負担でで一人の高齢者の面倒をみなければならない時代になるのです。


 私たち中小企業は、今までのようなビジネスモデルのマスマーケティング、画一的な大量販売、大量建築では成り立たなくなります。なぜなら、売上や拡大一辺倒では、全く個性がなくなり、大会社と同じ土俵になるからです。

 今は、大会社も一歩舵取りを間違えれば、倒産の危機に陥ってしまう世の中です。
 そこには、「人」と「人」との、ウェットな関係(いい意味で)が成り立っていないのかもしれません。

 
 ピンチのときや混迷しているときこそ、基本に立ち返り、静かに「心の声」に耳を澄ます必要があります。


 できるだけ、こうしたいというエゴを取り去り、素直な心の眼で自分を見つめ直すことだと思います。


 
 ただ一途に成長、拡大を追い求めた時代から、成熟、適正をよしとする時代への大きな変革期かもしれません。


 そして、人と人との関わりの中で生きていくことが宿命づけられている私たちならば、絆を繋げて自己の幸せの実現を目指した方がいいと思います。
 

 ただ、時代は変化していても、私たちの心の意識を変革させるのが一番時間がかかるのかもしれませんね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。