--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)
2010年04月30日(金)18:50
みなさんこんにちわ。

三条市で自然素材のリフォームを手がけているフォレストスタジオ 代表の松永です。


本日もブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



4/18(日)にホームページからでお問合せいただき、
お見積もりを提出したお客様の給湯器の交換が完了いたしました。



一緒にお仕事をしている配管業者さんは仕事がとても丁寧な方で、
前の給湯器の配管の穴が空いていたところにステンレス板を張っています。

「もしかしたら今まではネズミが入っていたかもしれないけど、
これでもう大丈夫だろう。」

「普通はここまでする業者さんはいないだろうなあ」
(ちゃんとしている業者さんももちろんいらっしゃいますので悪しからず)


普通はやるやらないでなく、お客様のことを第一に考えて仕事を進めてくれます。



長谷川邸給湯器穴埋め①


長谷川邸給湯器穴埋め②



お客様に感謝されることがまず第一 と考えている私たちとベクトルが合い、
一緒に仕事をさせてもらっていてとても嬉しくありがたいと思っています。


私たちは一緒に仕事をしている業者さんにも、同じように思われていたらいいなあ


ちなみに、前面の銀の板は、通常は前面に吹き出す温風を側方に排気させる部品です。
今までは給湯器の前に車を駐車していらっしゃって温風が直接車に当たっていたそうです。
これで車に温風当たりませんね。

長谷川邸給湯器完了



新潟三条で自然素材のリフォームならフォレストスタジオへ








関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。