--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)
2010年06月12日(土)06:00
みなさんこんにちわ。

三条市近辺で自然素材のリフォームを手がけておりますフォレストスタジオの松永です。

本日もブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。


「素足に優しい無垢フロアのキュートな家物語」
の内部工事の現場実況ライブです。

ホームページにはすでにアップしていますが、
ブログで追っていきます。

次世代省エネ基準に対応している住宅なので、
断熱材は高性能にしています。

床下の断熱材はスタイロエースという
高密度の断熱材で、なんと65ミリの厚みのものです。

床下点検口から見える青いのが断熱材です。
下地合板が28ミリの厚さなので、
その厚さがお分かりになるのではないでしょうか?
床下点検口


浴室の下は、土間コンクリートに直接
断熱材を施工します。
もちろん防蟻処理した断熱材です。
SB床断熱


壁には高性能の断熱材のマグルージュ
(赤い色しているのでルージュなんでしょう)
を施工し、室内の湿気が断熱材まで届かないように
「気密シート」を梁まで留めます。
2F断熱材


これで冷暖房の効率アップ間違いなし
光熱費も下げることができます。


と同時に、「気流止め」も行います。
これは無垢フロアで床暖房工事した場合と同じですね。
壁内に縁の下から冷たい空気が入り込むのを防ぐんです。
だから、壁内の温まった空気が逃げることもなくなります。

気流止め

to be continued...



断熱性能を良くする自然素材のリフォームならフォレストスタジオへ




関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。