--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)
2016年01月02日(土)16:44
 2016年 申年 新年おめでとうございます!

 2015年中は、個人、弊社ともに大変お世話になりました。感謝申し上げます。


 2016年は、氏神様の日吉神社、八幡神社、崇敬する弥彦神社、菩提寺である本成寺と初詣に行ってきました。

 
 毎年初詣に伺っているところがもう一つあります。

 長岡市蓬平にある高龍神社です。これも私にとって崇敬する神社になります。


 高龍神社は言わずと知れた「商売繁昌の神様」です。



 高龍神社の歴史は、今から約600年前に南北朝の戦いで傷を負った高野木民部永張が、お滝谷の慈光寺(新潟県五泉市)に向かう途中、この地に迷い込み、里人に助けられましたが傷が悪化し、生死の境を彷徨っていたところ、夢枕に、日頃信心する丹生川上大神の分身で、この地に鎮座する高龍と名乗る老翁が現れ、白泉(蓬平温泉の源泉)の場所を告げました。

そこで、お湯につかり養生した結果、傷が癒えたそうです。その話を聞いた里人が、現在の高龍神社の奥の院の場所に、高龍大神の小祠を建てたのが始まりだそうです。



 目の前にある参道の急階段は、大人も一息つかなければならないくらい長い階段です。

 IMG_5940.jpg


 境内の中に入ると、長押や柱に数えきれないくらい貼り付けられた名刺、名刺、名刺。商売繁昌、金運の神様ですから、ご利益にあやかりたいですよね、誰でも (笑)


 売店で売っている「参拝セット(ろうそく2本、卵、お酒)」をお供えします。


 奥の院もあり、私はお礼参りも兼ねて一年のうちに、必ずそこも参拝するのですが、冬は行かないです。というよりも、たどり着けません。奥の院までの道路は、獣道を少しだけ立派にしたようなもので、冬期には雪が積もって車の乗り入れが不可能なのです。

 昔は高龍神社から20分~30分歩いて行けたのですが、平成16年(2004年)の中越大震災でその道が封鎖されたため、車で遠回りになる迂回路ができたようです。(高龍神社 奥の院で検索すると、youtubeでも出てきます。)


 今年の初詣はお願いではなく、昨年お守りいただいた感謝の気持ちをお伝えすること、今年は皆さんがもっと幸福に生きていけるようお守りしてくださいとのお願いをお伝えしてきました。

 

新潟県燕三条で自然素材の断熱リフォームならフォレストスタジオへ


 
 
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。