スポンサーサイト

--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)

業界の枠組みを超えて有名な社長さんの講演もありました。

2010年07月31日(土)09:31
みなさんこんにちわ。

新潟三条市で自然素材のリフォームを手がけているフォレストスタジオの松永です。

本日もブログをご覧いただきまして、心より感謝いたします。


 リフォーム産業フェアの続きです。

 イベントの一環で、
全国で活躍している元気のいい工務店さんの講演会も多くありました。

その中で私が聴きに行ったのは、
「都田建設」の蓬台社長さんです。

都田建設 蓬台社長3

 都田建設さんは、建設業界の不況の中、
10年間で20倍の棟数の家づくりを手がける会社に成長されました。
営業マンゼロ、モデルハウスゼロで地域一番店という
この業界の常識をことごとく覆してきたのです。

 
その経営方針とは、「お客様に最高にもてなし、感動を与える家づくり」だと私は思いました。

 
 ・相見積りをとるお客様にはプラン提示や見積りも出さない。
  見学会や様々なセミナーや会社に来ていただいて、会社の家づくりの
  スタイルを見ていただく。都田建設に家づくりを依頼すると決めていただいたら
  本格的な打合せに入る。

 ・プラン作成や見積り作成にも当然ながら時間と手間がかかります。
  その時間と手間を無駄にするならば、多くの都田建設のお客様に
  時間を費やしたいという確固たる信念があります。

 ・そのために、「やらないことを決める」のも経営だとのこと。


 
  都田建設 蓬台社長2


ユニークな発想ではあります。
ただ、考え方には一理あります。


当社も出会ったお客様とのご縁を大事にし、絆を強くしていきたい。

それを究極の経営で実践している都田建設さんの講演は大変参考になりました。


新潟三条市で自然素材のリフォームならフォレストスタジオへ

関連記事
関連記事

Facebookのコメント

コメント

それが普通だと思いますよ。
こだわって特長だして自信を持って家づくりをしておるんだから、設計思想やら仕様やら違っているわけだし、その差が分からない人に相見積もりっての自体が成り立たないと思う。比較できないんだから。
注文なんか結果であって、欲しいのは共感。好きな人だけよってくればよし。

2010年08月10日09:55 相模 (オガスタ新潟)

コメントの投稿




(公開されません)






(設定しておくと後で編集できます)

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。