スポンサーサイト

--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)

新潟県産杉が中国へ初出荷

2010年08月11日(水)07:00
みなさんこんにちわ。

新潟三条市で自然素材のリフォームを手がけているフォレストスタジオの松永です。

本日もブログをご覧いただきまして、心より感謝いたします。


 新潟県産杉が中国へ初出荷とのニュースがありました。

 中国新潟総領事館によると、
県内の9つの森林組合が出荷する県産杉を、新潟県森林組合連合会が取りまとめて
合計1450㎥輸出するそうだ。

 用途は主に、中国の土木業者さん向け。
工事現場の足場やコンクリートを流し込む木枠の用途になる。

 
 中国の建設好況はご存知の通りだが、
ドメスティック産業の最たるものという認識だった林業が
海外への輸出を開始することは、
ちょっとした驚きだが、当然の流れといえば当然なのかもしれない。


 日本に森林率(地域における森林面積の割合)は全世界の中で、
第一位のフィンランドの73.9%についで
第二位の68.2%
で、三位はスウェーデンの66.9%と続く。
(国際連合食料農業機関のGlobal forest resources assessment 2005より)


 これだけ豊かな山林資源を国内の建築に利用し、
同時に山林の適切な維持管理につなげ、林業関係者も
元気が出る流れができればなあと思う。

 ただし、日本の人口の年齢分布(デモグラフィー)や経済構造の変化により、
新築着工戸数が80万戸をうろついている中、
県産杉の中国への輸出もいたしかたなく、それもそれでありです。


 その上で、お施主さん、建築家、工務店、材木店、林業関係者すべてよし
になるように、豊かな森林資源を利用した良質な住宅が増えることを
切に望むものです。




 新潟県三条市で自然素材のリフォームならフォレストスタジオへ
関連記事
関連記事

Facebookのコメント

コメント

コメントの投稿




(公開されません)






(設定しておくと後で編集できます)

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。