スポンサーサイト

--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)

京壁の上から壁クロスを貼りました。

2010年08月25日(水)19:04
みなさんこんにちわ。

新潟三条市で自然素材のリフォームを手がけているフォレストスタジオの松永です。

本日もブログをご覧いただきまして、心より感謝いたします。

 加茂のS様邸ですが、お盆休みをはさみまして、
DKのクロス張替え工事に引き続き和室の壁天井のクロス貼りリフォーム工事をいただきました。 S様ありがとうございます。

 

 今では壁クロスが張ってある和室が多くなってきましたが、
S様は伝統工法の京壁になっています。


 今まで特に塗り替えもしていらっしゃらなかったため、
シミや汚れが目に付きます。
 塩原邸和室ビフォー


 京壁を落としてから、下地にボードを施工してクロスを貼らなければならないのかなあと
思われる方もいらっしゃるかもしれません。


 ところがどっこい。そんなことをしたら、リフォームが大掛かりになってしまい、
金額もかさんでしまいます。
 
 そこで、京壁をパテで強固に押さえてしまいます。これで壁がボロボロと落ちてこないし、シミも表面に出ません。
 パテ作業中1

 全面パテ後
 パテ作業中2

 このようにしてからクロス施工をします。
 クロス工事中


 明るい雰囲気になった和室
 塩原邸和室アフター

 

 このように簡単に、和室の塗り壁、京壁もクロスにリフォームできますので、
是非お声かけくださいね。
  



 新潟三条市で自然素材のリフォームならフォレストスタジオへ
関連記事
関連記事

Facebookのコメント

コメント

コメントの投稿




(公開されません)






(設定しておくと後で編集できます)

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。