スポンサーサイト

--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)

天野敦之先生の著書を読みました。

2010年09月01日(水)07:00
みなさんこんにちわ。

新潟三条市で自然素材のリフォームを手がけているフォレストスタジオの松永です。

本日もブログをご覧いただきまして、心より感謝いたします。

 
 8月のHaLaフォーラムで講師をしていらっしゃった天野敦之先生の「宇宙とつながる働き方 経済を回復させる
たった一つの方法」を拝読しました。
 宇宙とつながる働き方

 タイトルを見ると、「何かちょっと危ない本なんじゃないか?」(※天野先生申し訳ございません)と思われるかも知れませんが、決してそうではありません。


 天野先生が力説していらっしゃることは
「つながりを分断するビジネスではなく、つながりを取り戻すビジネスをしよう」ということだと思います。

 
 今までは、同業他社を蹴落とし、お客様からお金をもらえて、短期的に収益をあげるようにビジネスモデルがあった。しかし、リーマンショックなどの危機を経験し、いままでのような仕事のあり方でいいのかを問うています。

 会社のスタッフを金を稼いだり、物を作る歯車としか考えておらず、いつでも取り換え可能である。
 仕入先からはとにかく安い値段で納品させるようにし、価格対応できない会社は平気で変える。
 サブプライムローンのように、どんなにリスクが高くても短期的に儲かる商品ならどんどんお客に販売する。


 これらは全て「人のつながり、ひいて言えば宇宙とのつながりを分断している」のです。


 自己が独立した存在となり周囲とつながりを持ち、価値を創造し、お客様が幸せになり、会社のスタッフも取引先もみんなやりがいをもって働く、すなわち「つながりを取り戻す」ことなのです。

 ひとりひとりのスタッフの個性を認め、個人の創造力を発揮して、お客様がハッピーになる価値を創造していくこと・・・私は仕事、商売の原点であると思うのですが、皆さんはどう感じますでしょうか?


 一日の半分近くの時間は、仕事に携わっています。
 お給料をもらうためにいやいや働くのと、
お客様の幸せと笑顔と「ありがとう」の言葉のためやりがいをもって働くのと
どちらがいいでしょうか?


 今日も一日成長したいと思います。


 新潟三条市で自然素材のリフォームならフォレストスタジオへ

 
関連記事
関連記事

Facebookのコメント

コメント

コメントの投稿




(公開されません)






(設定しておくと後で編集できます)

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。