スポンサーサイト

--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)

床暖房用の無垢フローリングとは

2010年04月15日(木)13:46
みなさんこんにちわ。
三条で自然素材のリフォームをしているフォレストスタジオの松永です。



お譲様が出産のために実家に戻ってくるため、リビングを床暖房にして迎えてあげたいと親御さん。
そのリフォームの依頼をいただき、12日から工事を始めました。


 現在のフローリングは、20年前には素晴らしい商品であった「純林」15㎜厚であります。
 その上に電気式床暖房を敷き、床暖房用フローリングを貼っていきます。


 きっと赤ちゃんがゴロンとしたり、ハイハイしたりするんだろうなあと自然と笑みが浮かんできます。


 その時にハッと・・・ やわらかくて繊細な赤ちゃんの肌が直接触れるならば、合板基材の通常のフローリングより、無垢のフローリングの方がいいのではと思い、早速ご提案。その結果、無垢のカバのフローリングが採用となりました。



 もちろん値段は合板フローリングよりも高いのですが、赤ちゃんのためには絶対いい。


 
 長い目で見れば日に焼けてくるのも無垢のいい味が出てくるし、無垢に心配される傷も後で考えてみれば、その傷をお孫さんがつけたものであれば、傷が付くまでの物語がいい思い出になるのかなあと思います。


 
 心配な無垢材特有の伸び縮みは、材料に含まれる水分の割合(われわれは含水率と呼びます)を7~8%まで下げています。通常の無垢材は12%~13%に比べれば、約半分近くです。伸び縮みはゼロではないですが、なるべくそうならないようにしています。



 いろいろとプチ情報をアップしていきますので、何か聞いてみたいなあということがあれば、コメントいただいてもよろしいですし、会社のホームページからお問合せいただいてもよろしいです。


 ちなみに無垢のカバのフローリングはこんな感じです。



自然素材のフローリング  カバ(床暖房対応)


三条で自然素材のリフォームならフォレストスタジオへ











関連記事
関連記事

Facebookのコメント

コメント

優しさ溢れる提案と素材チョイスですね。
お客様もきっと、松永社長と出会えてよかったと思っているでしょうね。
引き渡しまで頑張ってくださいね。

2010年04月20日09:07 鈴木雅仁

コメントの投稿




(公開されません)






(設定しておくと後で編集できます)

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。