スポンサーサイト

--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)

富山県の瑞龍寺に行ってきました。

2010年09月06日(月)07:00
9月23日 秋分の日 感謝祭「やままつフェス」開催決定!!
是非遊びにいらっしゃってください。



みなさんこんにちわ。

新潟三条市で自然素材のリフォームを手がけているフォレストスタジオの松永です。

本日もブログをご覧いただきまして、心より感謝いたします。


3週間ぶりのお休みをいただきました。
日頃の気分転換にと、富山県の高岡市にある国宝「瑞龍寺」までドライブに行ってきました。


北陸自動車道の26あるトンネルを抜け、
北陸自動車道トンネルの数

有磯海SAで昼食を取ります。
僕は「白えび天茶漬定食」で、天つゆとお茶漬の出し汁の2種類で白えびのかきあげ天婦羅を楽しめました。
さくさくっとした歯ごたえがあり、とてもおいしかったですよ。
 有磯海SAの白えび天茶漬定食

午後1時過ぎには、瑞龍寺に到着!
禅寺である瑞龍寺は、加賀二代目藩主である前田利長の菩提を弔うために三代目藩主の利常により建立されたもので、一部は国宝にしてされています。。


お辞儀をして、山門(国宝)をくぐり、
瑞龍寺の総門

まず回廊を回ります。
回廊は法堂(国宝)や大庫裏(重要文化財)、大茶堂(重要文化財)をつないでいます。

 法堂・・・境内で第一の大建築で、総桧造り
 瑞龍寺の法堂

 大庫裏・・・いわゆる寺務所。お勝手場も大きいですね。
 瑞龍寺の大庫裏

 大茶堂・・・防火建築物になっており、外壁は大壁で内部の壁も天井もは土壁にしっくい塗りとなっていました。大変珍しい構造だそうです。
 瑞龍寺の大茶堂


 最後に、仏殿(国宝)に足を運びました。
仏殿は、総欅造りで、軒組は非常に複雑になっていますが、大変素晴らしいものでした。
 瑞龍寺の仏殿

 
 伽藍(がらん 寺の建物全体)は整然としており、質実さを感じました。非常に清々しい気分になりました。


 ここで建築について
 富山県はYKKや三協立山アルミ(旧立山アルミ)が創業した土地だけあって、
 瑞龍寺の建具にもその片鱗を垣間見ました。
 
 今のアルミサッシにも付いている「水抜き穴」
当時の木製建具にも既に加工してあったのです。 素晴らしい
 建具の水抜き穴2

建具の水抜き穴1


 帰宅途中では、子供たちと魚津の小さな遊園地の観覧車に乗ってきました。
 魚津の観覧車

 何はともあれ、天気で良かったし、気力の充実もできました。

 (それにしても、この暑さ何とかならんかなあ

 今日からの仕事充実した一週間になるように行動あるのみ。


 新潟三条市で自然素材のリフォームならフォレストスタジオへ
関連記事
関連記事

Facebookのコメント

コメント

コメントの投稿




(公開されません)






(設定しておくと後で編集できます)

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。