スポンサーサイト

--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)

屋根のルーフィングです。

2010年05月14日(金)07:00


みなさんこんにちわ。

三条市で自然素材のリフォームを手がけているフォレストスタジオ 代表の松永です。

本日もブログをごらんいただきまして、誠にありがとうございます。


本日は現場の施工状況を中継します。

屋根の下地となるアスファルトルーフィングです。

松永邸ルーフィング




アスファルトルーフィングは屋根の防水や雨漏り防止のために
非常に重要です。


単に張れば良いと言うわけでなく、重ね代が何cmあるかというのが大事です。


仮にガルバリウム鋼板の屋根や瓦屋根が破損して、
雨水が浸入したとしてもルーフィングが防水してくれるのですが、
重ね代が少ないとその部分から雨水が入ってくる可能性があるからです。


この重ね代の幅は「瑕疵担保履行保険」の
検査項目でもあります。



また、前回ご紹介いたしました床暖房リフォームの現場
同じように「気流止め」をします。


下地合板を敷く前に気密パッキン(黒い帯状のもの)を
貼り付けます。

気密パッキン

そして、合板を敷き、土台の際の合板の継ぎ目に木材を
施工し、間柱を立てます。


これで基礎や階下からの気流を止めることができ、
壁内の温まった空気を冷やしてしまうことはありません。

気流止め


これで断熱材の効果もバッチリとあります。


今日はこれまでです。

では、また次回まで。 to be continued...



新潟三条で自然素材のリフォームのことならフォレストスタジオへ
関連記事
関連記事

Facebookのコメント

コメント

コメントの投稿




(公開されません)






(設定しておくと後で編集できます)

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。