スポンサーサイト

--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)

建具が開かない!

2011年02月02日(水)20:39
緊急告知

外壁のリフォームや外壁塗装のリフォームをお考えの方、中規模なリフォームをお考えの方は是非ブログご一読ください。


 国交省からのリフォーム補助金最大60万円の追加採択が決定しました。


フォレストスタジオ 三代目社長のブログは
毎週月、水、金に更新中!



日々の流れや想いはツイッターで公開していますので是非ご覧下さい。


 


新潟三条市で自然素材のリフォームを手がけているフォレストスタジオの松永です。

本日もブログをご覧いただきまして、心より感謝いたします。

 
 本日伺った三条市南新保のS様。
 約8年前に大規模リフォームをさせていただいたお客様です。

 「和室の建具が最後まで開かないんだけど・・・」


 私はとっさに思いました。


 「あー、あれが犯人だな」

 
 犯人は、新潟県を襲っている豪雪のため、
屋根に70センチ以上積もった雪です。


 雪の重みで鴨居がしなり、建具のすべりが悪くなったのです。

 特に、4枚引き違い戸がはまっている2間間(にけんま、3640㎜)の鴨居の上部は
「吊り束」があるために、構造によってはその「吊り束」に屋根の雪の重みが集中することがあるのです。

 
 また、室内もガンガンと暖房しているため、廊下と室内の温度差が生じ、
木製建具がそるケースも多くあります。それが原因で、建具の動きが悪くなります。


 S様にはご説明します。

 「屋根の雪が解けたら、建具の建付けをチェックしましょう。
屋根が重いまま建付けを直したら、雪が解けて屋根が軽くなり鴨居が元の位置に戻ったら、
今度は建具と鴨居の隙間が必要以上にスカスカになってしまいますよ。」

 春に建付けチェックに伺うことを約束し、ご安心いただきました。


 このように、お客様が不安に感じていることをなるべく早く解決することも
私達の大事な志事(仕事ではなく、あえて志事)です。
 



三条市で自然素材のエコリフォームならフォレストスタジオへ
関連記事
関連記事
タグ
建具  建付け 

Facebookのコメント

コメント

コメントの投稿




(公開されません)






(設定しておくと後で編集できます)

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。