スポンサーサイト

--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)

本成寺の鬼おどり

2011年02月04日(金)07:00
緊急告知

外壁のリフォームや外壁塗装のリフォームをお考えの方、中規模なリフォームをお考えの方は是非ブログご一読ください。


 国交省からのリフォーム補助金最大60万円の追加採択が決定しました。


フォレストスタジオ 三代目社長のブログは
毎週月、水、金に更新中!



日々の流れや想いはツイッターで公開していますので是非ご覧下さい。


 


新潟三条市で自然素材のリフォームを手がけているフォレストスタジオの松永です。

本日もブログをご覧いただきまして、心より感謝いたします。


 本日は少し仕事を離れます。
 
 2月3日は皆さまご存知の「節分」で、豆まきをされるご家庭も多いのではないでしょうか?

 私は、会社の繁栄と個人として後厄の厄払いのために
新潟県内で有名な行事となっている、法華宗総本山 本成寺の節分鬼おどりに参加してきました。

 鬼おどりは、室町時代に本成寺の僧兵と農民が力を合わせて盗賊を追い払ったといういわれに基づいています。

 赤鬼青鬼黄鬼緑鬼黒鬼三途川婆が登場します。

 
 まずは管長様の厄除けの法要があります。
 2011年鬼おどりお参り


 いよいよ鬼おどりの開始です。
 僧兵が現れ口上を述べます。
 2011年鬼おどり 僧兵


 鬼の登場です。
 2011年鬼おどり 鬼暴れ①



 壇上狭しと踊り暴れまくり、観客を威嚇します。
 


 
 管長様が「福は内、鬼は外」と掛け声を発し、皆いっせいに豆を鬼に投げつけます。
 2011年鬼おどり 管長豆まき


 鬼は「参った、参った」と退散するのです。
 このときに鬼が恐くて泣きわめく赤ん坊を抱いたりして、おふざけもします。
 2011年鬼おどり 鬼降参


 鬼おどりと豆まきが終わり、厄をお払いでき、新たな気持ちで仕事に取り組もうと意欲がますます
湧いてきました。

 
 本成寺の節分鬼おどり。私が子供の頃から、いやもっと前から続いている伝統行事です。
 いつまでも大切にしたいですね。
 


三条市で自然素材のエコリフォームならフォレストスタジオへ
関連記事
関連記事
タグ
本成寺  節分  鬼おどり  豆まき 

Facebookのコメント

コメント

コメントの投稿




(公開されません)






(設定しておくと後で編集できます)

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。