スポンサーサイト

--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)

木材とその伐採時期についてのユニークな考え

2011年03月28日(月)14:12
フォレストスタジオ 三代目社長のブログは毎週月、水、金に更新中!


日々の流れや想いはツイッターで公開していますので是非ご覧下さい。

三代目社長に興味を持っていただけた方は、facebookでつながりませんか? 



 新潟三条市で自然素材のリフォームを手がけているフォレストスタジオの松永です。

本日もブログをご覧いただきまして、心より感謝いたします。

 書店で興味を魅かれる本に出会いました。

 オーストリアで百人以上の社員で製材所を営んでいる、
 エルヴィン・トーマ著の

 「木とつきあう知恵」
です。

 「木とつきあう知恵」

 
 主にドイツトウヒを使用して、無垢の床材や家具材などを住宅に提供しています。

 
 トーマ氏によれば、

 「木材は正しい時期に伐採して、適切に乾燥させるならば、化学的な防虫剤や防腐剤を使わなくても
百年以上もつ」


 のだそうです。

 人と木材が共存し、友情を保っていくためには、

「発芽→成長→伐採→利用→還元」

 という自然の営みを大切にしなければならないのです。


 その途中で、接着剤、塗料、防虫剤などの自然界には存在しない化学物質を加えることは
極力避けなければなりません。





 トーマ氏は、木材の伐採時期については、月相の正しい時期を選ぶことが重要と言っています。
それにより、木材の耐久性と虫や菌類に対する自然な抵抗力にまで影響するのだそうです。


 非常にユニークな見解ではありますが、もともと自然とは科学の数値では解明できない不思議な力を持っています。私もあながち間違っているとは思っていません。

 


 化学物質で見た目はきれいに加工された建材が多くありますが、その風潮に一石を投じていると思います。



新潟県三条市で自然素材のエコリフォームならフォレストスタジオへ
 
 
関連記事
関連記事
タグ
自然素材  木材  無垢材 

Facebookのコメント

コメント

コメントの投稿




(公開されません)






(設定しておくと後で編集できます)

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。