スポンサーサイト

--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)

会社訪問 富山編

2011年05月18日(水)18:51
フォレストスタジオ 三代目社長のブログは毎週月、水、金に更新中!

日々の流れや想いはツイッターで公開していますので是非ご覧下さい。

三代目社長に興味を持っていただけた方は、Facebookでつながりませんか?




 新潟三条市で自然素材のリフォームを手がけているフォレストスタジオの松永です。本日もブログをご覧いただきまして、心より感謝いたします。


17日に富山県の建材販売店さんのヤマイチ㈱さんに会社見学してきました。



 ヤマイチさんの廣瀬社長様と上羽部長様は、会社を引っ張っていくためには、まず自らを高め、磨いていかなければならないとして、自己研鑽と勉強に一所懸命取り組んでいらっしゃいます。

 
 また、工務店様の受注の側方支援として、会社で集客イベントを工務店さんと共同で開催したり、自社の敷地内にcafe&restaurantや、かわいらしい生活雑貨を販売しているお店が入っている「hi-s](= housing and interior 1 stop studio)として、地元で需要を喚起していらっしゃいます。
 hi-s 展示場


 cafe&restaurantの名前は「CheHoa」です。
 hi-s cafe&restaurant


 イベントスペースもあります。
 hi-s 展示場内部


 落ち着くセンス溢れる小物を陳列販売。
 hi-s 小物



  その後、ランチを食べに行ったレストランが有名な建築家の隈研吾氏が設計した「クレヨン」さんです。
  富山市民芸術創造センター内にあります。

  ここには、ヤマイチさんが納材した実績があります。


 遠目からでも、個性を主張している建築物でした。
 富山レストラン

 構造自体はいたって簡素(屋根は折半屋根だったりする)
仕上げが、節も多い並材である米松の105㎜角を組み合わせて、おもしろい空間を創造しています。
 富山レストラン内部1


 天井の仕上げも米松を組み上げたもの。
 富山レストラン天井


 サッシの枠も、米松を現しにして仕上げてあります。
 富山レストラン サッシ周り


 仕上げというと、なるべく節のない方がいいなと多少は思っていた私にも、新鮮なショックですね。

 


 ここでは、熱々の煮込みハンバーグをいただきます。
 富山レストランランチ



 そして、ヤマイチさんと建材問屋さんのナイスさんの方々と記念撮影です。
 富山レストラン記念撮影


 ちなみに、親指を立てているのは、フェイスブックの「いいね!」を表現しております。
 

 
 その後、富山県でビルダー最大手の石友ホームさんのハウジングテクノパークを見学させていただきました。
 こちらでは、プレカット工場長でいらっしゃる宮袋さんからご案内していただきました。
 石友ホームハウジングテクノパーク


 エントランスを入って、目を引くのがまず直立している大木です。

 なんと屋久杉がありました。
 石友ホームハウジングテクノパーク 屋久杉



 内部を公開する事は、気が引けますので控えさせていただきますが、
お施主様の素朴な疑問に答えるために、丁寧に構成された素晴らしい展示場です。



 ヤマイチさん、石友ホームさん、そして案内していただいたナイスさん、
本当にお世話になりました。ありがとうございました。」



 フォレストスタジオのフェイスブックページでも、写真をアルバムしてありますので、是非ご覧下さい。




新潟県三条市で自然素材のエコリフォームならフォレストスタジオへ
関連記事
関連記事
タグ
会社訪問  富山県  ヤマイチ  石友ホーム  隈研吾 

Facebookのコメント

コメント

コメントの投稿




(公開されません)






(設定しておくと後で編集できます)

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。