スポンサーサイト

--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)

製材工場です。

2011年06月15日(水)07:00
フォレストスタジオ 三代目社長のブログは毎週月、水、金に更新中!

日々の流れや想いはツイッターで公開していますので是非ご覧下さい。

三代目社長に興味を持っていただけた方は、Facebookでつながりませんか?




 新潟三条市で自然素材のリフォームを手がけているフォレストスタジオの松永です。本日もブログをご覧いただきまして、心より感謝いたします。



 フォレストスタジオでは、自社に製材工場を持っています。
 
RIMG4638.jpg


 フォレストスタジオは元々は材木店であり、住宅を構成する規格寸法の構造材が出てくるまでは、多くの材木店がそうであったように丸太を製材して構造材として販売していました。


 しかし、規格寸法の既製品の構造材が普及するようになってからは、製材工場を持つ材木店はめっきり数が減りました。



しかし、住宅もストック需要の社会になり、国も中古住宅の流通やリフォームに予算を投入し力を入れ始めたので、規格寸法だけでは事が足りなくなってきました。


 また、合板やMDFの上にシートを貼ったF☆☆☆☆の住宅建材が一般的な中でも、最近無垢材が見直されてきています。
 無垢材は長く使えば使うほど色が落ち着いてきて愛着が沸いてくるし、肌が触れた感覚はやはりいいものです。


 そのような無垢材の「木取り」をして枠材などの材料にするには、やはり製材機が活躍します。

 乾燥させた無垢材は、幅広い「平板」になって流通している事が多く、適切な寸法に製材しなければならないからです。


  多くの材木店さんは、他で製材してもらうか、工務店さんに寸法を落としていただいていますが、フォレストスタジオでは自社で製材することができるのです。

 RIMG4643.jpg


 このようにして製材した材料を、天日で自然乾燥させることも多いです。

 RIMG4640.jpg



 もちろん、規格寸法外の構造材や骨材の注文や、リフォーム現場での補強に必要な場合がありますので、丸太は「土場(どば・・・丸太を貯木していた敷地のことを言います)」に在庫しています。

 RIMG4641.jpg


 こんなに太い丸太もあるんです。(丸太の上の黒いマジックペンと比較してください)
 
 RIMG4645.jpg



 当社のスタッフの小海さんが、キビキビと真剣に製材に取り組んでいる様子です。




新潟県三条市で自然素材のリフォームならフォレストスタジオへ
関連記事
関連記事
タグ
フォレストスタジオ  無垢材  製材工場 

Facebookのコメント

コメント

コメントの投稿




(公開されません)






(設定しておくと後で編集できます)

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。