スポンサーサイト

--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)

今年の漢字「絆」 

2011年12月14日(水)07:00
 今年の漢字が発表されました。

 「絆」です。

 
 私は、当社の朝礼で

 理念として、「地域社会に貢献して多くの「ありがとう」をいただける会社になろう」と掲げており、そのためには、まず地域社会で必要とされる人、会社にならなければならないし、そうなるように日々成長しましょう

 度々伝えています。


 経営理念


 そのためには、まずは当社が存在しているコミュニティで、ご縁をいただき絆を繋げていかなければなりません。

 
 「確実な未来」は、人口が平成16年の 127,838千人をピークに年々減少しており、2100年の中位推計ではなんと半分の64,137千人になるという予想まで出ています。



 また、少子高齢化も着実に進み、現役世代の2~3人の負担でで一人の高齢者の面倒をみなければならない時代になるのです。


 私たち中小企業は、今までのようなビジネスモデルのマスマーケティング、画一的な大量販売、大量建築では成り立たなくなります。なぜなら、売上や拡大一辺倒では、全く個性がなくなり、大会社と同じ土俵になるからです。

 今は、大会社も一歩舵取りを間違えれば、倒産の危機に陥ってしまう世の中です。
 そこには、「人」と「人」との、ウェットな関係(いい意味で)が成り立っていないのかもしれません。

 
 ピンチのときや混迷しているときこそ、基本に立ち返り、静かに「心の声」に耳を澄ます必要があります。


 できるだけ、こうしたいというエゴを取り去り、素直な心の眼で自分を見つめ直すことだと思います。


 
 ただ一途に成長、拡大を追い求めた時代から、成熟、適正をよしとする時代への大きな変革期かもしれません。


 そして、人と人との関わりの中で生きていくことが宿命づけられている私たちならば、絆を繋げて自己の幸せの実現を目指した方がいいと思います。
 

 ただ、時代は変化していても、私たちの心の意識を変革させるのが一番時間がかかるのかもしれませんね。
関連記事
関連記事
タグ
  ご縁  心の声  人口減少 

Facebookのコメント

コメント

コメントの投稿




(公開されません)






(設定しておくと後で編集できます)

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。