スポンサーサイト

--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)

HaLAフォーラムに参加しました!

2012年02月29日(水)07:36
 去る2月24日に、SHIPさんが主催の第17回HaLAフォーラムに参加してきました。(HaLAとは「ハッピーライフアライアンス」の略称です)

 SHIPの代表の小松社長さんから、今年2012年のテーマは、「グローバル視点」との挨拶があり、グローバルとは海外に目を向けるということではなく、海外に視座を置いてみて、改めて日本を見直すことだそうです。


 IMG_0728.jpg


 そこで、今回の最初の講師は、『日本人にしかできない「気づかい」の習慣』の著者である上田比呂志氏です。
 上田氏は三越に入社後、社内で選抜され、ディズニーシティユニバーシティに通いディズニーマネジメントを学んだ方です。

 IMG_0729.jpg

 ・気づかいとは、心を持って(相手にとって)正しきことを行うこと。
 ・おもてなしの心とは、大切な人をお迎えする時の気持ち 情けは人の為ならず
 ・守(基本を身につける) 破(自分なりに磨く)  離(臨機応変な対応ができるように)
 ・感動を分かち合うことで相手を思いやる感性を育てる(心力を磨く)
 ・売ろうとしない。商品に物語(ストーリー)をつける。
 

 とお話してくださいました。


 次の講師は、「親」と「子」の関係をみつめ、家族・地域・社会、そして自然をも含むすべての「環境」に敬意を払い、平和を願うと「親子の日」を提唱している、写真家のブルース・オズボーン氏です。

 IMG_0730.jpg


 5月の第2日曜が「母の日」、6月の第3日曜が「父の日」ならば、7月の第4日曜を「親子の日」にしようと提唱しているのです。

 英語に、「夫婦」や「兄弟」という言葉はあるけれども、「親子」に該当する言葉がないそうです。その言葉を持った日本において、「親子の日」の写真を撮り続けています。




 懇親会で発表された方のうちの一名が、岩手県でリフォーム会社を経営されている石川秀司氏です。

 別の肩書は、岩手立志教育支援プロジェクト実行委員会の事務局長だそうです。

 IMG_0732.jpg


 今回はこの事務局長として、立志を抱く小学生の例を出しながら、その熱い想いを語ってくださいました。



 最初の講演の上田氏にもツーショット写真を撮っていただき、パワーを充電してきました。

 IMG_0733.jpg



 こういう機会に恵まれたことに感謝!こちらでしっかりと日常の志事をしていただいているスタッフに感謝!


新潟県三条市で自然素材のエコリフォームならフォレストスタジオへ

 
 
 
関連記事
関連記事
タグ
HaLaフォーラム  SHIP  上田比呂志  ブルースオズボーン  親子の日 

Facebookのコメント

コメント

コメントの投稿




(公開されません)






(設定しておくと後で編集できます)

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。