スポンサーサイト

--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)

材木店としてやらなければならないこと

2010年04月19日(月)08:30
みなさんこんにちわ。

三条で自然素材のリフォームを手がけているフォレストスタジオ 代表の松永です。


私どもの会社は、地元の三条で42年間お世話になっている材木店でもあります。


もちろんこれまで高度経済成長期の目の回るような忙しさの工務店様に支えられており、今後もお世話になっていきます。非常に感謝をしております。


ただ現在、工務店さんが元気がないような気がしてなりません。


腕はあるし、高い技術を持っている。人柄も素晴らしい。
でも、ちょっと口下手であったり人見知りであったり・・・

自社のアピールをどうやって進めていったらよいのか?
どんどん変化していく業界の流れが早すぎる。


工務店さんのみなさん共通の悩みではないでしょうか?(もちろん程度の差はありますので、ご了承ください。)



いい住宅を建てたり、心地のいいリフォームをしてくださる工務店さんはたくさんいます。その方々が素晴らしい住宅をつくることが、お施主様の幸せを創造し、「ありがとう」が溢れる地元になるのだと確信しています。



私どもはそういう工務店さんと協力し一緒に仕事をして、地元のみなさんに「あなたに頼んでよかった。ありがとう」を感じていただきたいのです。



 そのために、工務店さん向けの講習会を開いたり、私自身が休日に研修に行きます。


 後ろ向きに生きても一日、前向きに生きても一日。前を向いて一歩一歩進んだほうが未来は明るいです。


 ついつい熱い口調になってしまいました。

 長文にお付き合いいただいたみなさん、ありがとうございました。


 【工務店さん向け住宅エコポイント講習会風景】

 工務店さん向け講習会①

工務店さん向け講習会②

 【断熱研修会】

 断熱研修会


三条で自然素材のリフォームならフォレストスタジオへ





 




関連記事
関連記事

Facebookのコメント

コメント

コメントの投稿




(公開されません)






(設定しておくと後で編集できます)

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。