スポンサーサイト

--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)

旭川出張報告 第二弾

2013年12月16日(月)07:00
先月26日、27日の旭川出張の2日めです。

 旭川まで来たら、やはり旭山動物園は欠かせません。当然のことながら、見学してきました。
 R0020038.jpg

 
 旭山動物園は現在では大変有名になり、全国各地から訪れるお客様が多いですが、入場者数は1983年をピークに減少し始め、1996年には26万人まで落ち込みました。しかしながら、1995年に園長に就任した小菅正夫氏のの斬新なアイディアと覚悟により、日本屈指の来場者数を誇る動物園に復活させました。ちなみに、平成19年には約307万も来場しました。これは、上野動物園が同年約350万人だったことと旭川市というロケーションを考えると驚異的な数字ですね。

 これは、動物の普段の生活や行動パターンを見てもらう「行動展示」にしたことがことが効果がありますね。どこの動物園でも見れそうですが、ひと味違う。なぜなら、今までは動物の姿形を見せる「形態展示」だからだそうです。
 カバが泳いでる姿がなんとも可愛らしい。
 R0020007.jpg
 
 下からも見ることができるので、泳いでいるときのお腹も見れます。
 変換 ~ カバ


 キリンが高い位置にある葉っぱを、仲良く食べている姿を同じ目線で見れる。
 R0020009.jpg
 
 変換 ~ キリン


 シロクマが遊具と戯れている様子。
 R0020021.jpg
 
 雪がちらつく寒い中、夫婦で寄り添ってじっとしているライオン。人間と同じで、メスの方が力があるらしく、気を使っているオスが人間に似ている(笑)
 R0020029.jpg

 キングペンギンはなんとも凛々しいし、カッコイイ。
 R0020035.jpg

 レッサーパンダは吊り橋をわたっていますが、こんな姿は他では間近に見れないですよね。かわいいんだ、これが。
 変換 ~ レッサーパンダ

 一緒に行った方々と記念写真もパチリ。完全に観光気分です^^
 R0020012.jpg


 とにかく楽しい。研修の一環で大人の方々と訪れましたが、次回は子供を連れてきたいものです。


 新潟県三条市で自然素材の断熱リフォームならフォレストスタジオへ
 
関連記事
関連記事

Facebookのコメント

コメント

コメントの投稿




(公開されません)






(設定しておくと後で編集できます)

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。