スポンサーサイト

--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)

住宅エコポイントが実施へ

2015年01月07日(水)18:22
 新年おめでとうございます。
 旧年中はフォレストスタジオが皆さまにお世話になり、御礼申し上げます。本年も変わらぬご愛顧よろしくお願いいたします。

 さて、昨年末から報道はあったのですが、新年早々「住宅エコポイント」の実施が閣議決定されたとの告知がありました。
よし、これで今年リフォームを考えている方々に朗報だから、早速知らせなきゃと思いました。が、しばしお待ちください。まだ、具体的な内容は決まっていません。

 現在わかることは、省エネ性能を満たす新築住宅や、省エネ改修を行うエコリフォームにはポイントが発行されます。

 ・エコ住宅の新築の場合 
  ①トップランナー基準等を満たす住宅
  ②一次エネルギー消費量等級5
  ③自ら居住

   トップランナーとは、箱根駅伝でトップでゴールした青山学院大学のメンバーではないです、もちろんですが^^;
   
 住宅のトップランナー基準とは、温熱環境の等級4をクリアし、さらに住宅設備機器の一次エネルギー消費量が2008年よりも10%減らすことができた住宅のことです。光熱費がもちろん節約できるのでは?と思うでしょうが、一次エネルギー消費量↓=光熱費↓が完全に一致するということではありません。
  一次エネルギー消費量が減るということは、家庭で使う電気やガスを作り出すのに必要なエネルギー(石油、石炭など)を熱量換算した値。一次エネルギーが少ないほど、省エネ住宅になる。つまり、「住んでいることによって二酸化炭素をバカバカ出さない」という意味で地球環境にやさしい住宅ということですね。

 省エネ型となる設備機器は、LED照明、エアコン、エコキュート、エコジョーズなどなどあります。もっと他になにがあるの?と気になる方はこちらまで→省エネ型商品情報サイト
 ただ、住宅1棟全体で、一次エネルギー消費量をどれだけ減らすことができたかということですので、「うちはエコジョーズとLED照明を使ってるから、かなりエネルギーを消費していないことになるぞ」とイコールになるわけではありませんので、あしからず。

木造の新築は少し条件がゆるくなります。材木を使っているので、CO2を吸収したり環境への寄与があるというのが理由のようです。具体的には、
③一次エネルギー消費量等級4
④断熱等性能等級4
⑤省エネルギー対策等級4
もちろん自分で居住することは変わりません。

 

 ・エコリフォームの場合
  ①窓の断熱改修・・・1枚ガラスを複層ガラスに交換したり、内窓を取り付ける。今は窓などの開口部から逃げている熱がとても多いという結果が出ています。内窓はとても効果があると思います。できれば、内窓も複層ガラスがいいですね。
 
  ②外壁、屋根、天井または床の断熱改修・・・天井は繊維系断熱材(グラスウール、パーフェクトバリアなど)を敷き詰めるだけでも効果あります。当社のココ暖でも断熱効果はとてもあるのですが、今までの住宅エコポイントのくくりだと、断熱改修する断熱材の種類と使用量でポイントが出るか出ないか決まりますね。
 
  ③一定規模以上のエコ住宅設備の改修をともなうリフォーム
  ④①~③とあわせて行う以下の工事
    バリアフリー改修、住宅設備の改修、リフォーム瑕疵保険への加入、耐震改修 等

 この他、中古住宅の取得とあわせてリフォームを行う場合には、ポイント加算します。


 
 もらったポイントは何と交換できるのかとういうと・・・
 ・省エネ、環境配慮商品等
 ・地域産品
 ・商品券、プリペイドカード
 ・エコ住宅の新築またはエコリフォームを行う工事施工者が追加的にする工事(即時交換) 等

 以前の復興支援住宅エコポイントの場合は、交換できるものの中に、東日本大震災の被災地の地域産品が入っていました。住宅エコポイントにもその時その時に応じて、エコポイントの予算によって何に重点的に力をいれているかわかります。


 おっと大事なことを言うのを忘れていました。
 対象となる工事の期間ですが、平成26年12月27日以降に契約し平成26年12月27日~平成28年3月31日までに着工・着手し、補正予算の成立日以降に工事が完了したものを対象とする予定だそうです。
 補正予算はいつ成立かって?それは、国会の偉い先生方に聞いてください。27年1月末あたりに開催される通常国会で、野党が揚げ足を取ったり、足の引っ張り合いで時間を浪費せず、きちんと議論してもらい、補正予算が早く決定されることを願います。

 国交省のホームページはこちら→http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_fr4_000045.html
 

新潟県燕三条でココ暖エコリフォームならフォレストスタジオへ

 
関連記事
関連記事
タグ
住宅エコポイント,エコリフォーム,断熱改修,内窓,ココ 

Facebookのコメント

コメント

コメントの投稿




(公開されません)






(設定しておくと後で編集できます)

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。