スポンサーサイト

--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)

すまい給付金、まだ続いてます!

2015年01月12日(月)19:24
 フォレストスタジオは本体が山松木材という材木店であることから、工務店さんに様々なサポートをしていますが、今回は「すまい給付金」を使いたいと質問がありました。

 あれ、すまい給付金ってまだやってたかな???と思って調べてみると、やってましたやってました。

 すまい給付金紹介パンフ-1

 すまい給付金紹介パンフ-2



 スタートは、消費税8%が適用される住宅取得、つまり平成26年度4月以降の引き渡しからです。だから、今建築中でこれから引き渡す住宅はほとんどが対象になります。
 
 エンドは、平成27年9月末までに引き渡し・入居が完了するまで、住宅の引き渡しから1年以内の申請が必要です。



 ただし、すまい給付金をもらえる対象の人の年収制限があります。ざっくりと最高限度は、510万円以下が目安です。
 
 ざっくりというのは、県民税の所得割額(つまり、課税所得に比例する県民税のこと)によって決まるんです。


 県民税の所得割額・・・・6.89万円以下        → 給付基礎額¥30万円 (収入目安 425万円以下 )
               6.89万円超え~8.39万円 → 給付基礎額¥20万円 (収入目安 425万円超~475万円以下)
               8.39万円超え~9.38万円 → 給付基礎額¥10万円 (収入目安 475万円超~510万円以下)

 この給付金に、住宅の持ち分をかけると、実際にもらえる額がわかります。ご主人が給付基礎額20万円もらえるが、奥様と共有名義で、持ち分50%なら、20万円×50%=10万円となります。
 これは、奥様にもあてはまります。奥様に収入がなくても給付基礎額は30万円です。それは、収入0=所得割額0だからです。だから、給付基礎額30万円×50%=15万円。夫婦合算で25万円の給付金がもらえます。

 どうやって所得割額を調べたらいいのか? それは役所に行って手に入れる市町村の課税証明書を確認してください。



 この給付金は、住宅ローンを利用して住宅を取得しても、現金で住宅を取得してももらえます。また、住宅ローン減税も同時に利用できます。

 申込書類では、第三者の現場検査を受け一定の品質が確認されたことを示す書類、一般的には住宅瑕疵保険責任保険の付保証明書が必要です。
 
 ただし、住宅ローンを利用せず現金で住宅を建てた人は更に以下のうち1つが必要です。
 ①フラット35適合証明書
 ②現金取得者向け新築対象住宅証明書(ちなみに、ハウスプラスのサービスはこちら
 ③長期優良住宅建築等計画認定通知書
のいずれかです。
  おっと忘れるところでした。現金で住宅を建てた人にはなんと年齢制限もあり、50歳以上だけですのでご注意を。

 すまい給付金についての詳細はこちら → すまい給付金の公式サイト

 もっとわかりやすく教えて、という方は、フォレストスタジオまでお気軽にご連絡ください。


新潟県燕三条でエコリフォームならフォレストスタジオへ
関連記事
関連記事
タグ
すまい給付金,新築,フォレストスタジオ 

Facebookのコメント

コメント

コメントの投稿




(公開されません)






(設定しておくと後で編集できます)

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。