スポンサーサイト

--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)

大地の芸術祭 2015 その2

2015年09月13日(日)21:30
 先週に引き続き、大地の芸術祭に行ってきた。 

 今年は、3年に一度のトリエンナーレであったが、9月13日(日)までである。(気が付くのが遅かった僕はまだ、ショックを引きずってます・・・。)



 ・「うぶすなの家
 
  ここの限定ランチがとても美味しそうだったので向かったのだが、駐車スペースが割りと少なく、長蛇の列であった。やっとこさ入館できたら、僕らの少し前で、名物であろうそのランチは完売とのことだった。

 建物は、越後中門造りの茅葺き古民家である。室内には、陶芸家が作ったやきものを展示している。とても落ち着く空間である。

 R0025704.jpg

 

 ちなみに食べることができなかったランチはこちら。地元の山菜をつかった山菜ハンバーグ定食。写真だと、どうみても”肉”にしか見えない。 (笑)

 マクロビランチといったところか。ちなみに、「マクロビ」とは、玄米や穀物を中心とした菜食という意味。

 
 うぶすなの家のランチ





 ・もぐらの館

 人間がもぐらだったら、土の中はどう感じるのかを問いかけているようだ。土の持っている匂い、感触で癒されるのは確かだ。畑をしている人が、自然と共になり無心になるのが、わかるような気がする。

 R0025706.jpg

 R0025709.jpg






 そして、ランチに向かったのが、十日町市にある、芸術祭の中心のキナーレ

朴葉で巻いた粽(ちまき)でランチだったが、残念ながら写真は撮り忘れてしまった。

 
・越後妻有里山現代美術館「キナーレ」


 キナーレでは、北京オリンピックの花火をプロデュースしたツァイ・グォツェン(蔡國強)の蓬莱山。この作品は広がりのあるスケール感でよかった。

 北京オリンピックの花火で、疑惑の「巨人の足跡」の真偽は別としてだが、蓬莱山は本物。

 R0025717.jpg





 
 ・ポチョムキン


 川べりの田んぼのなかに、ひっそりと真っ赤に錆びた鉄の塊が現れる。迷路になっているかと思いきや、無造作に直立した鉄の壁が人間を迎える。

 自然や農耕とともに生きてきた人間は、重厚長大な産業である”鉄鋼”で、近代文明の発展を遂げてきた。この先は、人間が創りだした文明とどのように向き合っていかなければならないのかを、無言で問いかけているいるようだ。

 住宅もそう。効率ばかりを追求した、化学物質の新建材を使ったローコストの住まいは、自然と調和できているのか、いずれは自然に還ることができるのか? 将来のツケは大きくなることは必至だ。

  
 R0025722.jpg






 ・再構築

 
 建物いっぱいに鏡が取り付けられているが、固定されていないので、風揺れてキラキラと周りの風景が反射する。自然界は常に動いているんだよ、と教えてくれる。見えているものは「静」でなく、「動」なんだよと。

 R0025728.jpg

 



 ・光の館

 
 妻有郷随一の豪農、豪商の星名家の邸宅(国の重要文化財)がモデルとなっている。

 質素ではあるが、凛とした佇まいであり、飽きがこない。
 ナカゴグリーンパーク内の一番の高台にあり、樹木に囲まれており、麓からは建物をみることができない。
 部屋からは、まるで隔離された高級別荘のような錯覚になる。

 大きな和室に寝転がると、切妻の屋根の一部がスライドし空を眺めることができる。

 R0025734.jpg

 R0025733.jpg

 R0025732.jpg


 また、別の和室から外を見ると、切り取った静寂の借景と天井のLED間接照明の妙。

 R0025735.jpg


 なんと宿泊もできる。大人気の施設で、9月も10月もほぼ予約はビッチリ!
 施設料¥20000円、宿泊1名につき¥4000円、夕食は¥2000円~/名、 朝食は¥1000円/名である。

 もちろん、幻想的な光の温泉と、自炊する人用にシステムキッチンもある。

 4名からで、2家族くらいで泊まるのがよいかな。

 興味のある方は「光の館」のホームページまで

 R0025737.jpg

 


新潟県燕三条で自然素材のエコリフォームならフォレストスタジオへ
関連記事
関連記事
タグ
大地の芸術祭,うぶすなの家,キナーレ,ポチョムキン,光 

Facebookのコメント

コメント

コメントの投稿




(公開されません)






(設定しておくと後で編集できます)

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。