--年--月--日(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Facebookコメント(-)
2016年11月20日(日)19:33
 住宅ストック循環支援事業について、前回のブログの【エコリフォーム】に続いて、

【既存住宅の流通】編です。
 既存住宅とは中古住宅と同じ意味だと思って下さい。

 つまり、中古住宅を購入してリフォーム工事するのに、補助金が出る制度です。

 既存住宅流通_ページ_1

 最大補助額 ¥50万円/戸
       耐震改修を行う場合、¥65万円/戸


 ただし、このタイプの補助金を申請するための要件は、
なぜか「年齢」が関わってきます。

 
【要件】 
 1.既存住宅(中古住宅)を購入

 2.購入者の年齢が、平成28年10月11日時点で、40歳未満である。
    ※これは、住民票で確認
  
  なぜか「若者」と定義されています。
  私はアラフィフですが、若者のつもりなんですが・・・(笑)
  
   
 3.建築士によるインスペクションを実施する。

 4.既存住宅売買瑕疵保険に加入する。
   ※引渡から1年を超えると、この瑕疵保険に加入はできません

   ※耐震性を有しない住宅は、保険に加入できません。

   ※耐震改修をして耐震性を付けた場合、
   引き渡し後保険に加入すればOKです。

   つまり、耐震性のない住宅には補助金は付きません。
   エコリフォームの場合と同じですね。

 【補助対象】
 1. インスペクション 
   依頼主、つまり居住予定者がインスペクション費用を
  支払うことが必要です。

   依頼主自身が設計士で、自分でインスペクションできる場合は、
  補助対象外ということです。

 2.エコリフォーム
   これは、前回のブログのエコリフォームの対象工事と同じです。

 
 【補助金額】
 1.インスペクション ・・・ ¥5万円/戸

 2. エコリフォーム ・・・ エコリフォームの補助金額と同じ。

 最大補助額 ¥50万円/戸
       耐震改修を行う場合、¥65万円/戸

 既存住宅流通_ページ_2


 
 補助金申請の手続きは、
 「個人間売買」と業者による「買取再販」によって、手続きが異なりますが、
 一般の方にとって、あまり関係のないことなので省きます。

 ※「買取再販」とは、業者が中古住宅を買取ってしリフォームして、
 再売することです。

 次回は【エコ住宅への建替え】について、説明します。
 
 建替えには、年齢制限つくのででしょうか???




  
   
 

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。